2018年09月17日

カメラ転売の現状での体感

どうも こんばんは

Amazonと平行して部分的にカメラ転売は継続しております

カメラ転売も事業部として、専属の社員を2名は置きたいと考えています


さて、以前 記事で書いたレンズの在庫管理ですが

衣装ケースを勧められている人が多いですが レンズを衣装ケースに入れると重みでしなるので良くないですね

ギッシリつめて引き出したら重みで落ちます・・・

カメラ転売の先人が使っている人がいたから 後からの参入者も真似しているだけでしょう



100均で重ねられる小型ケースがレンズの高さに一番あっていて 空間のなかでは一番多くのレンズの在庫数を確保できますが

レンズも1ケースに6個入れるとけっこうな重さとなり 上手く重ねにくいんですよ



現状、一番しっくりきているのが食品タッパーで重ねていくことです・・・

事業として展開していきたいのに食品タッパーって微妙です・・・

透明なのでピッキングの際に中が見えますし ケース自体の強度がある程度あるので積み重ねやすいんですよ

いろいろ試している段階なのでもっと良いのがあれば報告いたします

たぶん、スーパーのお菓子売り場のラックあたりが一番ベストに近いのだと思います



また、数字的な面ですが

仕入時利益で社員が平均して4万/日仕入れてこれるようになってきました

始めたころは1万いかなかったので1ヵ月たたずにけっこう伸ばしてくれました

4万の利益のために必要な仕入資金が1万~1.5万なので資金効率は 現状のせどり系の平均よりも高いです


ただ、モノレートレベルの正確なデータを引っ張ってこれないのと

Amazonで新品をさばくようなスピード感ある販売はできないと思います

Amazonで中古家電を最安値ではなく、出品者の平均あたりの値付けをして販売するよりは早く売れるかなと感じています


現状、始めたばかりですので どんどん深堀していきます


コンサル依頼現在再開しましたので希望の方はコメントより相談ください
組織化もふまえたコンサルをいたします

本日はここまです

最後までありがとうございました
posted by シン at 21:54| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

ネット物販で社員を確保することの難しさ

こんばんは 最近はまた更新が増えています

ウチの3番目の社員は本日も遅刻をしまして 1ヶ月半のうちに4回遅刻をしています・・・

まともな会社なら 試用期間中に本採用見送りになるでしょう

遅刻頻度が多すぎますね・・・

私もどうしようか悩んでいます


さて、今回はネット物販で社員を確保することの難しさについて書いていきます

友人や、知人、家族を社員とすることは今回の記事にはあてはまりません

すでに関係性が築けているなら 相手が入社できる環境なら、さそえば入社してくれる可能性は高いです

逆を言うとクビにもしずらいですし 厳しいことも言いにくいでしょう

クビにしても 無関係の人と違い ずっと尾をひきます

私自身は仕事に厳しい人間なので 知り合いを入社させると甘えた態度で衝突するのが分かったのでさそわないことにしました



本題ですが

まず、2018年9月時点で景気が非常に強いです

イヤイヤという意見も多々あるでしょうが 世界的にここまで株高なのは事実金あまりですし

景気は異常に強いです

日本においても採用の募集をかけている企業もすごく多ければ 募集枠も多いです

そのため、正社員募集の媒体で応募をかけても通常時よりも応募は多く集められません

また、一般常識で良いと思われる人材は大手にとっていかれることが多いです

大手の人事とかは 迷ったら採用するな!と言いますが

迷って採用しないと非常に小規模なうちは永遠に組織化が進みません・・・

採用して、その結果失敗して 周りから人を見る目がなかったんだよなど言われますが

それはその通りなのですが 採用せざるえない状況もあります

幸いなのはネット物販は飲食やコンビニなどのように多くの人を必要としていないので、絶対にアウトなラインの人を無理に採用しなくていいことは救いでしょう

また、組織化せずに自分と外注とツールや情報発信で利益を最大化するのも最適解の一つなので 無理して社員を雇う必要もありません

人を雇っていくのはリスクも多いので事業規模で今後展開させていきたい人だけでいいでしょう


脱線しましたが、結局のところ募集をかけて 自社に応募をしてくれる人のなかから良い人に採用をだしていくしかないと思います

給料を上げれば応募は多く集まりますが 高い報酬につられてくる人の属性は避けたいですし

ビジネスにはトラブルもつきものなので トラブル時期は高い報酬が命取になることもあります



あとは入社後の社員教育でどこまで育てられるか いい加減な部分や甘い部分をどれだけ更生させることができかだと思います

それでも、どうしようもないなら試用期間中に採用見送りにするしかないでしょう

採用見送りも裁判で負ける場合や 一ヵ月分の賃金を払わないといけないなどのリスクもありますが 本当にどうしようもない人間をずっと抱えてビジネスをするよりはよほどマシです


結論としては救いのない話ですが

会社組織として非常に小さいうちは多くの人が優秀だと思ったり この人なら大丈夫だ!という人を採用するのは実際問題難しいです

コンサル依頼現在再開しましたので希望の方はコメントより相談ください
組織化もふまえたコンサルをいたします

本日はここまです

最後までありがとうございました


posted by シン at 22:07| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

カメラ転売在庫管理の情報が少ない件

こんばんは

Amazonの仕入も復活させてAmazon販売も再始動しておりますが

それでも会社として せっかく始めたヤフオクカメラ転売を継続させ 深掘りして発展させていこうと思っています

Amazonでも中国輸入が立ち上がっていれば 自然と複数販路展開が非常に用意だったのですが・・・

輸入を始めた際のメイン商材にもなりますしね



仕入に関しては 若手社員が毎日頑張ってくれたおかげで始めた時よりも効率的な仕入ルートの確立ができてきました

なので、仕入ができないということはなくなりました

次の問題として、amazon販売よりも回転が読みにくいので売れにくいという問題がでてきています

また、Amazonのアカウント停止期間は4人でカメラ仕入をしていたので 在庫がかなり増えました

しかし、カメラ転売では あんまり在庫管理の棚や道具の情報って とぼしいですね

良くて衣装ケースとか・・・

組織化してやっているプレーヤーも少ないから必要になることもないんですかね

せどりで組織化だと事務所借り 天井まであるスチールラックしきつめてとかはFBAを使った上でザラなんですが・・・

ソロプレーヤーでも本気でやり込んでいたら絶対に必要になると思うんですが・・・

文句ばかり言っても仕方ないので頭をひねって考えます


コンサル依頼現在再開しましたので希望の方はコメントより相談ください
組織化もふまえたコンサルをいたします

本日はここまです

最後までありがとうございました
posted by シン at 22:14| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

ヤフオクカメラ販売の利点

こんばんは

今回はヤフオクカメラ販売の利点について書いていきます

ヤフオクカメラ販売だけにフォーカスしての視点ではなく

ヤフオクカメラ販売が事業的にどのような利点があるかという視点で書いていきます


私のこのブログを見ていただいている方はヤフオクメインで販売をしている方は非常に少ないと思います

操作をしていても効率性に欠ける部分が多々ありますし、多くの商材はamazonの方が悲しいですが高く売れますから


しかし、アカウントが他のプラットフォームよりもそう簡単には潰れません

運営も細かく見切れていないというのも事実ですし けっこう放任主義です

ノークレームノーリターンが未だに通じるのはヤフオクぐらいではないでしょうか

メルカリなどはアカウントがバンバン潰れますし

楽天もAmazonよりも厳しいという意見も多いです

Amazonも事故のようなことでアカウントが閉鎖することもあります

ヤフオクも潰れる時には潰れるのですが(2セラーほどアカウントがつぶれた方を知っています)

他のプラットフォームのリスクヘッジにできます


あとはヤフオクのカメラ販売は主にレンズを扱う場合が多いので在庫スペースが非常に狭くてすみます

畳み1枚のスペースで月に100万の利益があげられると言っていたセラーもいます

私もアカウント停止の時に 検討違いでFBAの商品を全返送かけたので 事務所が商品で埋め尽くされました

そんななかでも 商材としてはコンパクトな部類のレンズなら追加で仕入れてもスペースに対して影響を与えずにすんだので非常に助かりました


さらに輸出に舵をきった時に日本のカメラメーカーは世界的に人気があるので 商材として非常に強いという利点があります

弊社はまだその域まで達してはおりませんが そのレベルまで必ずもっていきます




コンサル依頼現在再開しましたので希望の方はコメントより相談ください
組織化もふまえたコンサルをいたします

本日はここまです

最後までありがとうございました
posted by シン at 22:22| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

組織化とAmazon一本で突っ走る危険性

こんばんは

amazonのアカウント停止に数日前までかかっておりましたが ジェネリック商品関係と特定できてからは1日で再開までもっていくことができました

そんな商品売っていませんと返信したら 次の返信で解除になりました・・・

英文で詳細などの記載がないアカウント停止のメールだったため、全然見当違いの改善文を出すのに数日使ってしまいました・・・

長い時間電話で相談にのっていただいた こうすけさん 本当にありがとうございました!



アカウント停止になってつくづく思ったのが 当然のことなのですが Amazon一本で突っ走る危険性ですね

私がソロだった場合、Amazonで売れない期間中も最低限の生活コストですみますが

正社員が3名いるので その分の人件費は日にちの経過とともに発生します

1ヵ月前ぐらいに 3人目を雇ったばかりだったのでなおのことプレッシャーは大きかったです


もちろん何もしないわけにもいかないので ヤフオクでのカメラ販売をAmazonアカウント停止期間中は取り組んでいました

以前、amazonが崩れた時のリスクヘッジとして カメラ転売日本一の織田さんに教えてもらったことがあったので それを全社員で取り組んでいました


Amazonのアカウントは復活しましたが、ヤフオクのカメラ販売もせっかく始動させたので

ビジネスレベルで収益化できるところまで成長させるつもりです


コンサル依頼現在再開しましたので希望の方はコメントより相談ください
組織化もふまえたコンサルをいたします

本日はここまです

最後までありがとうございました

posted by シン at 21:10| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする