2018年07月16日

アメリカ 政策金利

おはようございます

祝日ですが弊社は稼働しています

社員は休日出勤というわけではなく 土日と祝日分の日数が休日で 業務に支障がない自分の休みたい日に休んでくださいということにしています

本当は残業や休日出勤もいとわないような人材がでてきてくれれば良いのですが 今の日本の人員層だと難しいと感じています

皆さんは自由自由と言われて 自由を満喫されていますが うちはやり込むスタイルを貫きます



さて、アメリカが今年に入り 想像以上のスピードで政策金利を上げてきています

私はもともと投資畑からネット物販に移ったのですが 投資は最近は少額しかしておらずチェックしていなかったので

思ったより上がっていて驚きました

アメリカの政策金利が3%まで上がってくると 景気が冷え込むリスクは上がってきます

しかし 欧州 中国 日本は以前 低いままなので 市場の金はありあまっています

個人的な見解ですが 現在は非常に強い好景気です

逆に今の時点であまり勝てていないようだと 景気が崩れた時は厳しいでしょう


経済学を勉強していないエコノミストは〇〇だから上がるなどの数字の裏付けがない抽象論で語る人が多く

上がるのを信じたい人は その意見に同調してしまうでしょうが

市場の金を絞られると 崩れてしまうのが金融相場であり 経済です

理想論では景気の過熱や暴落を微調整ができるといいのですが そこまで発展していないのが現在の経済学であり 金融工学です


コンサル依頼現在再開しましたので希望の方はコメントより相談ください
組織化もふまえたコンサルをいたします

本日はここまです

最後までありがとうございました
posted by シン at 10:17| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。