2020年05月26日

ベンチャーサポートから新しい税理士への変更のその後

税理士をベンチャーサポートから、年間コスト3割程度の格安税理士法人に切り替えた記事を書いたら


けっこう反響がありましたので記事にしようと思います



結論から言うと問題はありません


大きな理由はベンチャーサポートから移った際に ベンチャーサポートの弥生会計のバックアップデータをそのまま渡しているので


その仕分け方法を参考にしているからでしょう


ベンチャーサポートが整理してくれたからという見方もできます


起業時にいきなりお願いしたら トラブルがあった可能性はあると思いますが 私の前例があるのでベンチャーサポートさんのような仕分け方になるはずです


法人なので 経費が判断できないものを社長への貸付に勝手にされるのが怖かったですが その部分も問題ありません


資料の渡し方がCSVがメインで 紙資料が月数枚なのもトラブルが少ない原因かもしれません




格安なので かなりドライな対応だと思っていましたが  むしろ、電話でちょくちょく連絡くれる点が安心できます


ベンチャーサポートさんは上から目線というか 嫌味っぽい口調の担当が多かったですが 親切な口調の女性だったので その点も意外でした



変えて悪くなった部分は


対面式の面談がないことが一番寂しいことですね


業績が良かろうが いいですねとかも現状ないです笑


しかし、コストをかけて税理士と喜びや悲しみを分かち合うよりも 社員など自社の人間と分かち合った方が生産的でしょう




あとは月次の細かいレポートがなくなったことですが(2か月に1度 今期の利益と 税金関係の支払い予定が来ます笑)


私は在庫の総合計額と現金の合計で 概算の数字的な増減を自分で判断しているのでなくても大丈夫です




最後に 節税案などはベンチャーさんみたいに積極的に提案してこないので


自分で調べる人に向いています


しかし、ベンチャーさんが提案してくる節税案の多くは ベンチャーさんにキックバックが入ってくるものがメインです



私見ですが どんどん新しいネットビジネスに展開している方はベンチャーサポートの方が仕分け方を把握しているので良いのではと思います

posted by シン at 16:43| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。