2017年07月20日

付き合う流通業者も選びましょう

どうも こんばんは

シンです

中古の商品のコンディション説明を読まずに買う客って 永遠にいなくなりませんよね

自分の主観ですっごい文章送ってくるので ストレスです

すみません ここまではただのボヤきです


さて、本題ですが

ヤフオクやらなんやら使って仕入をしていると 転売会社というか流通会社の取引先が増えてくると思います

各会社別に 取引して、どの程度の利益、、赤字、利益率、不具合率をデータで集計だすと

本当に 良い商品を流してくれる業者と クソみたいな商品を流してくる業者が分かれることに気づくと思います

そして、当たり前ですが クソみたいな商品を流してくる業者とは縁を切りましょう

私の直近の例ですと  同じ商品で同じコードでも初期ロットは不具合があったりして、途中から仕様が大きく変わる場合って多々あるんです

そして、その初期の不具合のロットだけをなぜか大量に抱えているんです

私は今回17万円分発注しましたが、その不具合ロットでした

売れなくはない商品なので 全損ではありませんが しない方が良い取引でした

これは私の仕入判断が甘かったのが原因です

こういう業者は一回の取引で200万とか取引が可能ですが 単に数量が多いだけです

自分が全部買い占められばいいですが さばくのに時間が数年かかるような数量だったりします

部分的にしか買えない場合は 他の会社達にも勧めるので 間違いなく、激しい価格競争になり 利益率2割程度の想定で仕入た場合 利益なんてでなくなります

利益がまともにでない商品仕入れるなら 何も仕入ない方がマシです

そして、さらにヤバイ商品がまわってきます・・・

私はこの業者から仕入れることは今後辞める決断をしました

では、不具合品を大量に掴まされれないためにはどうすればいいかというと

中国輸入のやり方と同じです

最初に1、2個販売して様子を見ます

その間に商品が他の会社に売れてなくなるリスクもありますが 大きな数量の場合、すぐにはなくなりません

なくなったところで大きな赤字がでる可能性のある商品であるかもしれないので この機会損失は結果的にベターの可能性が高いです

そして、今の時代 会社相手だけでさばけない場合は ヤフオクなどで+数%で併売しています

+数%高くなるだけで在庫コントロールしやすい量なら そっちから買った方がいいです

逆の言い方をすると すぐにさばけないぐらいの大量購入して+数%安くなるだけならわりにあいません

数割安いなら別ですが


長くなってきたので 無理やりまとめますが

ヤバイ商品をまわしてきた業者は 今後の案件もヤバイ商品の可能性が高いです

関係切りましょう

本日はここまです

最後までありがとうございました


★物販仲間紹介
長年中古ハイブランド大手の人事担当をされていた利原さんの人材採用、人材戦略、人事トラブル電話相談
自身もAmazonの現役プレーヤーでもあり、大手中古ハイブランドを独立した後輩の会社の設立も手伝っているので ネット物販セラーにあった人材戦略をアドバイスします
採用チャネル戦略、仕事内容によって採用すべき人材の特性戦略、雇用した人間とのトラブル解決方法、独立防止策など
1時間相談し放題で1万円(事前に相談したいことをまとめて効率的に聞いてください)
ご希望の方はこのブログにコメントをください

★物販仲間紹介
杉原先輩のEBAY講座
※ガチガチの専業物販プレーヤーのオレがプライドをかけて推薦いたします
クレームは私が受け付けます
↓↓↓↓↓↓↓

ツールで稼ぐebay輸出講座
※私からの特典はコニュニティーへの招待権です
posted by シン at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

分析

どうも こんにちは

シンです

amazonのFBA6ヵ月以上の長期在庫の分析で自分の仕入判断の悪さを直視していて

非常に気分が悪いですが 同時に勉強にもなっています

一番長期在庫のなかで割合の高いものだと、仕入が簡単な縦積みの新品が5割ぐらいをしめています

当然なのですが 他のセラーも仕入れやすいので値下げ合戦になり 私がそれに途中でついていかずに

相場反転待っていたら 戻らず6ヵ月経過という流れです

今後縦積みの数量を調整と 他のセラーも仕入れやすい商品の場合は薄利でも売りぬかなければ 資金がずっと寝てしまいます

長期在庫だけで金額換算すると800万程度あるので 融資よりも私の課題は回転かなと思っています


少し似た内容になりますが 社員やスタッフに仕入を始めてもらうと 以前よりも資金が足りなくなる場合がでてきます

回転の速さや融資などである程度調整もできますが

事務所として限られた資金でできるだけ効率よく利回りを上げていく場合

有限である資金をどういう仕入基準で各員に優先的に割り振るかという問題がでてきます

まず、ウチの事務所の方針として 寝かせ商品に資金を割り振るのはNGにしました

1年後に10倍の価格になろうが リアルタイムで利益率20%とれる仕入の方に資金を優先的に割り振ることにしました


また、自分の仕入スタイルも変わってきて 実店舗での仕入の比重がどんどん下がってきています

ネットって 個人直からの買取がいくらでもできますからね

やはり店舗をかませると そこで利益乗せられてしまうので 個人直が一番美味しいです


数字を大きく伸ばすことを考えると 無在庫もそろそろ避けれないなという結論に至っています


本日はここまでです

最後までありがとうございました

★物販仲間紹介
長年中古ハイブランド大手の人事担当をされていた利原さんの人材採用、人材戦略、人事トラブル電話相談
自身もAmazonの現役プレーヤーでもあり、大手中古ハイブランドを独立した後輩の会社の設立も手伝っているので ネット物販セラーにあった人材戦略をアドバイスします
採用チャネル戦略、仕事内容によって採用すべき人材の特性戦略、雇用した人間とのトラブル解決方法、独立防止策など
1時間相談し放題で1万円(事前に相談したいことをまとめて効率的に聞いてください)
ご希望の方はこのブログにコメントをください

★杉原先輩のEBAY講座
※ガチガチの専業物販プレーヤーのオレがプライドをかけて推薦いたします
クレームは私が受け付けます
↓↓↓↓↓↓↓

ツールで稼ぐebay輸出講座
※特典として私のコニュニティー参加権

私自身のコンサルは受け付けておりません
posted by シン at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

amazonさんの補填

どうも こんばんは

シンです

えぇ、社員にホウキで5分掃除をしてもらったら

マメができたとうったえてきました

皆さんなら どう反応しますか

私のなかで この件は伝説の一つになりました


さて、タイトルの件ですが

amazonさんが頼んでいないのに 30万を補填してくれました

最近はamazonのことを全く信じてなかったのですが 出品者を大事にしようとする姿勢もあるのだなと思いました

毎日毎日ストレスになることは多々生じますが 目的のためにと割り切り腐らずいこうと思います


やまさんにアメブロが発見されてしまいました

やまさんも やんぞうさんも ブログ村の輸出・輸入に登録していますが

集客的に せどりも登録をした方がインプレッション増えますよ

輸出・輸入は見る人が少ないうえに 平均的な技量がせどりのカテゴリーよりも高いですから



HGの奥さんがピザ屋の経営が上手くいかず 2年で1億の資金を使い切ったと昨日見ました

ビジネスって 本当怖ろしいなと思いました・・・

人を教育することができなかったとも言っていました

本当、共感できます

シリアスさをもって のぞみます


本日はここまです

最後までありがとうございました


★物販仲間紹介
長年中古ハイブランド大手の人事担当をされていた利原さんの人材採用、人材戦略、人事トラブル電話相談
自身もAmazonの現役プレーヤーでもあり、大手中古ハイブランドを独立した後輩の会社の設立も手伝っているので ネット物販セラーにあった人材戦略をアドバイスします
採用チャネル戦略、仕事内容によって採用すべき人材の特性戦略、雇用した人間とのトラブル解決方法、独立防止策など
1時間相談し放題で1万円(事前に相談したいことをまとめて効率的に聞いてください)
ご希望の方はこのブログにコメントをください

★物販仲間紹介
杉原先輩のEBAY講座
※ガチガチの専業物販プレーヤーのオレがプライドをかけて推薦いたします
クレームは私が受け付けます
↓↓↓↓↓↓↓

ツールで稼ぐebay輸出講座
※私からの特典はコニュニティーへの招待権です
posted by シン at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

最近、思うこと

どうも こんにちは

シンです

本日は夜から税理士との打ち合わせです

月一でやっているんですが これが嫌いなんですよね

行くと絶対、処理的な雑務を言われるんですが メールであらかじめくれた方が100倍助かります

なんで 口頭で言われて こっちがメモして帰らねばとか

毎月毎月 アクティブな節税対策を受け合わせるとか 融資とか打ち合わせるならいいのですが

税理士をそこまでフル活用できるほど 私自身が進歩していないので

今月の数字はこれで 今後の戦略はこうで(税理士は口が軽く、他の顧客にも言うのを前提で当たり障りなく)ぐらいしか話さないので

わざわざ出向いていって 不毛な会話をして

なんだかな・・・という感じで終わることが多いです

同じ時間なら社員と今後の戦略を話している方が よほど建設的です

よく税理士と打ち合わせですみたいに楽しそうに書いている人いますが 何を話しているか教えていただけると嬉しいです 嫌味とかでなく、どう活用すればいいかと思っているので


あとは妻にもっと住むところなり 仕事に協力してくれても言いんじゃないかと昨日言ってしまいましたが

あちらは自分のやりたかった仕事を現在休んでいるので 相手の方が我慢をしてくれているので

私がとやかく言えることではないなと やっと理解してきました

仕入も販売も中国業者とバチバチやりあい かつ環境の変化も早く トラブルも多いのでなかなか自分の辛さだけに目がいってしまいがちなんですよね

プラスして最大効率でやれているわけでないので どうしようか模索しながら業務に取り組んでいます

東大卒の人とか本当、上手いなというか 頭良いなと思うことがあったので

私のこれからの戦略の一つに頭をもっと使ってたたかうというのを付け加えました

小学校低学年みたいな戦略ですがw


本日はここまでです

最後までありがとうございました

★物販仲間紹介
長年中古ハイブランド大手の人事担当をされていた利原さんの人材採用、人材戦略、人事トラブル電話相談
自身もAmazonの現役プレーヤーでもあり、大手中古ハイブランドを独立した後輩の会社の設立も手伝っているので ネット物販セラーにあった人材戦略をアドバイスします
採用チャネル戦略、仕事内容によって採用すべき人材の特性戦略、雇用した人間とのトラブル解決方法、独立防止策など
1時間相談し放題で1万円(事前に相談したいことをまとめて効率的に聞いてください)
ご希望の方はこのブログにコメントをください

★杉原先輩のEBAY講座
※ガチガチの専業物販プレーヤーのオレがプライドをかけて推薦いたします
クレームは私が受け付けます
↓↓↓↓↓↓↓

ツールで稼ぐebay輸出講座
※特典として私のコニュニティー参加権

私自身のコンサルは受け付けておりません

posted by シン at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

長期保管在庫が半年周期って、けっこうキツイです

どうも こんにちは

今回から半年周期になったAmazonの長期保管在庫の保管料ですが

けっこう キツイです・・・

1AISN 1個までOKとかもうないです

藤川所長とか けっこう長期在庫ありそうなイメージです

毎日の私の打ち合わせで 私の在庫の公開処刑を社員に頼んでいるのですが

昨日の夕方の時点で 495個・・・

できる限り減らすしかないです・・・

1年の時は100個強しかなかったんですよね・・・

しかし、半年間というと 私が働けなくなるまで もう100ターン分もないですよ

半年売れない在庫かかえている場合じゃないだろうと猛省以外ないですね


あとは、今後 私自身の売上を大きくあげるための戦略をどうしようか考えております

現状で出ている結論はせどり的な仕入以外の大量仕入できる仕入を増やさないといけないかなと思っております

中国輸入の国内版みたいな感じでしょうか

やれている人は知っているので やるだけですね

本日はここまでです

最後までありがとうございました

★物販仲間紹介
長年中古ハイブランド大手の人事担当をされていた利原さんの人材採用、人材戦略、人事トラブル電話相談
自身もAmazonの現役プレーヤーでもあり、大手中古ハイブランドを独立した後輩の会社の設立も手伝っているので ネット物販セラーにあった人材戦略をアドバイスします
採用チャネル戦略、仕事内容によって採用すべき人材の特性戦略、雇用した人間とのトラブル解決方法、独立防止策など
1時間相談し放題で1万円(事前に相談したいことをまとめて効率的に聞いてください)
ご希望の方はこのブログにコメントをください

★杉原先輩のEBAY講座
※ガチガチの専業物販プレーヤーのオレがプライドをかけて推薦いたします
クレームは私が受け付けます
↓↓↓↓↓↓↓

ツールで稼ぐebay輸出講座
※特典として私のコニュニティー参加権

私自身のコンサルは受け付けておりません
posted by シン at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする