2017年08月17日

組織化 上下関係について

どうも こんばんは

シンです

社員が配送会社の手配をミスり 配送会社を待っております

私一人で・・・

本人はお先失礼しますと帰りました・・・

数字も良くないし、態度も悪いので 最近は辞めるなら辞めろと思って けっこういろいろ注意しています



最近思うことですが 社内的な上下関係についてふれようと思います

まず、最低限の指示だけ与えて 工夫して結果を出してくれるタイプって

フラットな友達感覚でも 上下関係つけてもどっちでもいいと思うんですよ


問題は独力で過程を考えて行動できず かつミスも多い人間の方です

私がいたった結論は明確な上下関係をつけた方がいい です

理由はこういった人間は指示を出さなければいけない頻度が高いです

自己流でやらせても変なところに力を入れるので結果を出しにくく

業務もミスにつながるので 指示をこまめに出さねばなりません

そして指示のさいにフレンドリーな関係だと ああだこうだ反発や言い訳を言ってきます

非常に簡単にいうと フレンドリーな関係だと 絶対に通さなければいけない指示が通らない確率が高くなります


私も最初は今の社員に自由にやらせていたのですが

数字はあがらない 大きなミスも犯す 指示や方向性をしめしても反発

雇う意味あるのか・・・と考え 数字も見比べ いや変わってくれない限りマイナスリターンだなと結論づけました

なので最近は口のきき方から うるさく言っています

根本的なところからやるしかないです

もちろん相手にも多大なストレスだろうから私もやりたくありません

しかし、このままだと解雇を言い渡さなければいけません

もちろんキツいことを言っているので 本人から辞めるなら辞めてくださいと思っています

自分のミスで事業主残っているのに 自分は帰りますしね・・・

最初は フレンドリー→上下関係 の流れだったので
本人もキツいと思いますが

また、フレンドリーな場合 相手が謙虚か頭が良くないと 給与、ポジション、業務内容、人間関係その他多々にわたり 際限なく不満があれば言ってくるでしょう

最初はいろいろ改善してあげますが どこかのタイミングで 業務内容や出している結果と見比べて この人いない方がいいじゃんと大抵の人はなるでしょう

本日はここまでです

最後までありがとうございました

★物販仲間紹介
長年中古ハイブランド大手の人事担当をされていた利原さんの人材採用、人材戦略、人事トラブル電話相談
自身もAmazonの現役プレーヤーでもあり、大手中古ハイブランドを独立した後輩の会社の設立も手伝っているので ネット物販セラーにあった人材戦略をアドバイスします
採用チャネル戦略、仕事内容によって採用すべき人材の特性戦略、雇用した人間とのトラブル解決方法、独立防止策など
1時間相談し放題で1万円(事前に相談したいことをまとめて効率的に聞いてください)
ご希望の方はこのブログにコメントをください

★杉原先輩のEBAY講座
※ガチガチの専業物販プレーヤーのオレがプライドをかけて推薦いたします
クレームは私が受け付けます
↓↓↓↓↓↓↓

ツールで稼ぐebay輸出講座
※特典として私のコニュニティー参加権

私自身のコンサルは受け付けておりません
posted by シン at 18:16| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

5万の商品がなくなっていました

こんばんは

えぇ、私のブログといえば暗い話ばかりということで有名ですが

5万の商品がなくなりました・・・

本日、事務所に帰ると 社員が昨日夕方帰る時にあった商品がないんです・・・

と言ってきました

なくなったのに気づいたのがいつか聞いたところ 午前中と言ってきたので

すぐに報告するように注意すると いつもの不服そうな顔です・・・

信頼関係構築、指導力が足りないことをやはり痛感

その後、二人で探しつつ どうなくなったかを検証

・夜にセコムの社員が盗んでいった
・配送業者が配送に紛れ盗んでいった

セコムの社員が店の売り上げ金を盗んだニュースとかありましたよね

なので、セコムにも連絡

すぐに来てくれました

事務所の鍵をキーケースから出すにはシールの封かんをはがさねばいけなく あけると開封あとが残るようです

冷静に考えてセコムが盗みにきたら1個じゃすまないでしょう

配送会社が盗んでいったケース

ウチの社員は配送会社が配送に来てもずっとPC見ているので 1個盗んでいっても絶対に気づかないでしょう

配送会社は大手だけでなく、各会社が個別で契約している中小配送会社もよく配送にきます

配送業界の人員の入れ替わりの激しさは ウチのAmazon在庫の回転率を上回ります

今月で辞めることが決定している人が配送にもたくさん来ているでしょう

今日来た配送会社には全社本部に連絡しました

そして、この事件発覚の一時間後に 社員が12万の商品の登録間違いが客のクレームから分かりました・・・

本当に・・・


これに限らず

社員が金を使いこんでor持ち逃げして潰れた会社は幾千とあります

社員にウチ引きをされた同業者も知っています

ウチは大丈夫ではなく また相手を信じすぎもせず 防衛できるシステムはしっかりと持っておくことをおすすめします

今回の件で防衛策を2個ほど導入しました

本日はここまです

最後までありがとうございました


★物販仲間紹介
長年中古ハイブランド大手の人事担当をされていた利原さんの人材採用、人材戦略、人事トラブル電話相談
自身もAmazonの現役プレーヤーでもあり、大手中古ハイブランドを独立した後輩の会社の設立も手伝っているので ネット物販セラーにあった人材戦略をアドバイスします
採用チャネル戦略、仕事内容によって採用すべき人材の特性戦略、雇用した人間とのトラブル解決方法、独立防止策など
1時間相談し放題で1万円(事前に相談したいことをまとめて効率的に聞いてください)
ご希望の方はこのブログにコメントをください

★物販仲間紹介
杉原先輩のEBAY講座
※ガチガチの専業物販プレーヤーのオレがプライドをかけて推薦いたします
クレームは私が受け付けます
↓↓↓↓↓↓↓

ツールで稼ぐebay輸出講座
※私からの特典はコニュニティーへの招待権です

posted by シン at 21:42| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

きゅうりに負けました

どうも こんばんは

シンです

リアルの祭りに出店してみようと思い 社員と二人で出店してきました

飛び込みの参加だったので場所とりからのスタートでしたが 当日ぶっつけでいけそうな人を見つけて交渉し

4人目で1万円の出店料で場所をゆずってもらいました

場所はベストではないものの原宿のメイン通りより 人が通っています


事前準備がかなり甘かったですが 中国輸入の売れ筋商品のなかから祭り向きだろう商品をセレクトし

祭りにのぞみました

日本でもかなりデカい祭りの部類になるでしょう

正規の申し込みをしていないので反社に絡まれるかと思いましたが それは問題無しでした

そして、一番肝心な売り上げ結果はというと

奇跡的な数字がでました・・・

・・・

・・・

ゼロです

・・・

・・・

ゼロ万とかではありません

ゼロ個です・・・

近くのきゅうりは飛ぶように売れていました

きゅうりに完敗しました

よくいるセラーのようにああだこうだ言い訳はしません

この数字を受け入れます

戦略が甘く完敗でした

この悔しさを忘れないように仕事に向き合います

先月の事務所全体の数字も1330万しかありませんでした

私より数字が低かった人も2000万超えや 1900万いっていた人もいました

最近、今の自分の戦略の限界を感じていて 方針転換を図っています

結婚してからビジネスへの貪欲さや、シリアスさ、野心が減ったなと思うので

意識してビジネスに向き合います

本日はここまです

最後までありがとうございました


★物販仲間紹介
長年中古ハイブランド大手の人事担当をされていた利原さんの人材採用、人材戦略、人事トラブル電話相談
自身もAmazonの現役プレーヤーでもあり、大手中古ハイブランドを独立した後輩の会社の設立も手伝っているので ネット物販セラーにあった人材戦略をアドバイスします
採用チャネル戦略、仕事内容によって採用すべき人材の特性戦略、雇用した人間とのトラブル解決方法、独立防止策など
1時間相談し放題で1万円(事前に相談したいことをまとめて効率的に聞いてください)
ご希望の方はこのブログにコメントをください

★物販仲間紹介
杉原先輩のEBAY講座
※ガチガチの専業物販プレーヤーのオレがプライドをかけて推薦いたします
クレームは私が受け付けます
↓↓↓↓↓↓↓

ツールで稼ぐebay輸出講座
※私からの特典はコニュニティーへの招待権です


posted by シン at 23:00| Comment(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

このブログの趣旨

このブログは主にのせどり・転売・ネットワークビジネス
投資について書いています
関わりたくない方は見ないでください

せどり・投資をしている方 コメントより気軽に連絡ください(都内在住です)
茶でも飲みながら話たり、一緒にせどりしましょう
posted by シン at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログの趣旨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする